MIF 10月3、4日に展示会
 

ウール混の紙糸使いなど機能性素材の提案強化

三井物産アイ・ファッション(MIF)は、20秋冬に向けて素材提案を強める。紙糸を使った「ワクロス・ハイブリッド」やニュージーランドウールの自社ブランド「アニュアル」のほか、機能性を備えた高品質素材を打ち出す。難燃性レーヨンや綿の越毛糸なども品ぞろえに加え、多様な用途に対応する。

10月3、4日にポリゴン青山(東京都港区)で「アダプト」をテーマに「20秋冬マテリアルエキシビジョン」を開く。布帛は生地250点、製品30~40点、ニットは編み地90点、製品30~40点を出品。「ビジネス」「アウトドア」「リラックス・アットホーム」と着用シーンに分けて展示する。

5月の20春夏向け素材展示会では、ワクロス・ハイブリッドやアニュアルを中心とした素材重視の提案が、来場したファッションブランド関係者から好評を得た。20秋冬では品ぞろえを拡充し、商品の訴求力を高める。

ワクロスのシリーズでは、ウール混を加える。キュプラなどとの組み合わせがあったが、さらに組み合わせを増やし、ワクロスの用途拡大を図る。

アニュアルがウオッシャブルウール100%などを打ち出す一方、アニュアル以外の”廉価版”としてウールとアクリルの混紡も提案する。

難燃素材は、アクリルとウールの撚糸や難燃レーヨン100%などをそろえ、アウトドア向けに提案する。綿素材の種類も増やす。起毛糸を使って毛羽立ちを強調した生地を紹介する。獣毛混も商材の幅を広げる。アルパカの毛とリサイクルポリエステルを組み合わせた素材を打ち出す。展示会では、フランスのティサベル社のエコファーを新商材として披露する。

2019年9月25日(水) 繊研ニュース3面

お問い合わせ
お問い合わせは、
各部門の担当者から回答いたします。

お問い合わせフォームはこちら >