クロスアプリラボ ユニフォームコレクション
 

〝架空ユニフォーム〟発表

三井物産アイ・ファッションは、独自素材群「クロスアプリ」のブランディングプロジェクト「クロスアプリラボ」で、架空のユニフォームコレクションを発表した。指揮者、猟師、書道家、探偵などさまざまな職業を想定し、吸汗速乾や保湿性を持った機能素材を使ったユニフォームでクロスアプリのイメージをアピールする。会員制交流サイト「インスタグラム」の公式ページで公開していく。

資生堂ビューティークリエイションセンターのへアメイクチーム、著名人宅の家具などを制作するイノウエインダストリーズ、東京造形大学など、既に現場で着用されてい るケースもあるという。

クロスアプリは、素材をカテゴリー別にサイン化し、消費者が素材からブランドや服選びをできるようにする取り組み。

クロスアプリラボではこうしたカテゴリー分けを生かし、それぞれのシチュエーションや用途に適した機能素材とそれを用いたデザインを開発設計し、提案に役立てている。

 

2018年3月7日(水) 繊維ニュース2面

お問い合わせ
お問い合わせは、
各部門の担当者から回答いたします。

お問い合わせフォームはこちら >