クロスアプリラボ ユニフォームコレクション
 

〝想像のユニフォーム〟形に

MIF 共同企画「クロスアプリラボ」から

三井物産アイ・ファッション(MIF)とキッズコースターとの共同プロジェクト「クロスアプリラボ」は、MIFのオリジナル「クロスアプリ」の機能素材を使った架空のユニフォームコレクションを発表した。

指揮者や猟師、書道家、木こり、探偵など様々な仕事やシチュエーションに合わせ、クロスアプリの吸汗速乾「ドライ」や保湿性「モイスチャー 」、汚れ防止「ステインガード」など高機能素材を使ったユニフォームを制作。「資生堂ビューティークリエイションセンター」のへアメイクチームや展示会のオブジェなどを作る「イノウエインダストリーズ」、原宿にオープンしたベーカリーショップ、東京造形大学などに提案し、すでに現場での着用がスタートして いる。

キッズコースターは、ファッションブランド「ティート・トウキョウ」などの運営に加え、ブランドビジネスのノウハウを生かしたデザインや販促、マーケティングなど総合的なブランド事業を手掛ける。

昨年MIFと共同でクロスアプリラボを立ち上げ、クロスアプリのブランディング、デザイン、プロモーションなどを担つ ている。

 

2018年3月14日(水) 繊研新聞4面

お問い合わせ
お問い合わせは、
各部門の担当者から回答いたします。

お問い合わせフォームはこちら >